EDの原因は?治療薬の有効性

現在日本の成人男性の3人に1人に、EDの症状が現れていると言われています。EDの目安は「性行為に十分な勃起と、維持ができるか」ということです。

自慰行為で射精ができても、性行為で射精まで出来なければEDとされます。

EDの割合は加齢に伴って上昇していきますが、20代や30代の若年層がEDを発症する場合も少なくありません。

加齢によって起こるEDも諦めるのは早いです。なかには70代になっても現役を謳う男性もいます。

EDになってしまうのには原因があるのです。

原因を見ていきましょう。

EDになってしまう原因

EDになってしまう原因として心因性、器質性、薬剤性が挙げられます。

心因性

ストレスで頭を抱える男
精神的なストレスによって引き起こされるEDの事です。若年層のEDは精神的なストレスが原因でEDを引き起こす人が圧倒的に多く見られます。

仕事でのストレスや、人間関係の悩み、金銭の悩み、性への不安感など、精神的なストレスは個人差があるため、ストレスの原因を自分なりに特定することが大切です。

もしそれが難しければ、カウンセリングを受けてみる事もひとつの手段。EDを根治するためには原因を知る事は大切です。

心因性EDにカマグラゴールドは有効とされています。

治療薬を飲んだ事で勃起することができた成功経験が自信になり、そのままEDが治ってしまうケースもあります。

器質性

コーラを飲みスナックを食べる男
器質性EDは生活習慣の乱れや、生活習慣病などが原因で引き起こされるEDの事を指します。

生活習慣病の患者にEDの症状がある人は少なくありません。喫煙、飲酒、脂質や糖質の多い食事、運動不足などの生活習慣の乱れは、血管壁が痛む原因となり血流を悪くします。
それによって陰茎に十分な血液が送りこまれずにEDを発症するのです。

器質性は中年層以降に多く見られます。これまでの生活習慣の乱れが蓄積され、EDという形になって現れます。

持病が無くてもEDは動脈硬化などの疾患が隠れている場合があり、動脈硬化は「心筋梗塞」や「脳卒中」を引き起こす可能性があります。

EDの症状が出ている人は一度検査をしてみましょう。
ED治療薬には血管を広げる作用があるため、器質性のEDにも効果を発揮します。

ただし、肥満体形の人は薬が効きづらい事もあるようです。

薬剤性

色とりどりの錠剤
普段から服用している薬の副作用が原因で、EDを発症してしまう場合もあります。
その場合は、その薬の服用を止める事で徐々に回復していきますが、決して自己判断で薬を止めたりせず、必ずかかりつけの医師の指示を受け、どのようにするか相談してください。

EDの大半の理由は心因性、器質性である事が多く、どちらにもカマグラゴールドは効果があります。

ED治療薬を使えば確かに勃起はしますが、根本的に改善したければ心身の健康が求められるのは言うまでも無いでしょう。

精神的ストレスの緩和、生活習慣の改善はED治療にとても大切です。
治療薬を賢く利用しながら、EDを克服を目指していきましょう。

フォローする